デイ・ナイトケア



デイ・ナイトケアとは

「デイケア」と「ナイトケア」を合わせたサービスです

「デイケア」についてはご存知の方も多いでしょう。精神科におけるデイケアとは、精神的な病気などを抱える患者さんが、社会参加や職場復帰などを目的にさまざまなグループ活動を行う場所のことを言います。職場復帰のためのリワークプログラムも含まれます。デイケアは通常、午後3~4時ごろまでですが、当院では夜間帯まで利用できる「ナイトケア」を合わせた「デイ・ナイトケア」を行っています。

デイナイトケアについて(PDFファイル)

デイ・ナイトケアの目的

健康的な生活習慣の確立をめざします

心の病気になると他人と接することが怖くなって引きこもりがちになるなど、生活のリズムが崩れて夜に一人で過ごすことが多くなります。社会復帰が困難になるばかりでなく、孤独感から症状を悪化させてしまうことも少なくありません。また、患者さんとそのご家族が一定時間離れて過ごすことがお互いの心の健康を維持するのに役立つケースもあります。

デイ・ナイトケアは、このような多様な問題を抱えた方々の生活のリズムを整え、健康的な生活習慣の確立を図ることを目的としています。

 

 

当院におけるデイ・ナイトケア

平日の朝9時~夜7時まで、多様なプログラムをご用意しています

当院のデイ・ナイトケアでは、臨床心理士、精神保健福祉士、作業療法士が中心となって、平日の朝の9時から夜の7時まで、多様なプログラムをご用意しています。患者さんが無理なく利用できるプランをご提案しますので、利用方法になどについてはご相談ください。昼と夕方には栄養バランスの取れた食事も提供しています。デイ・ナイトケアは治療の一環として行われるため、保険が適用されます。

デイ・ナイトケアのメリット

1日を通した生活リズムが整えやすいことが挙げられます

デイ・ナイトケアは朝から夜まで利用することができるため、日中の3、4時ごろまでの利用になるデイケアに比べ、1日を通した生活リズムを整えやすいことがメリットとして挙げられます。社会人であれば朝に出社して仕事し、夜に帰宅するという流れがあり、この時間的なスケジュールに倣うことができるのです。また、昼食のほか、夕食を食べることができることも、利用される方に喜ばれています。

時間が短い外来での治療が難しいときにも有効です

また、デイ・ナイトケアを利用してもらうことで、長時間にわたり、患者さんと触れ合えるようになります。外来診療ではどうしても患者さんと接する時間が短いため、よりトータルにケアをしたいときにデイ・ナイトケアは有効です。外来診療では気付かなかった患者さんの特徴が見えてきて、治療に活かせることも多々あります。

どんな人が利用しているの?

  • 生活リズムを整えたい方
  • 安心できる居場所がほしい方
  • 外に出ることに慣れていきたい方
  • 人との付き合い方がうまくなりたい方
  • 学校や仕事など次のステップへの準備をしたい方など
  • 職場でリワークプログラムを受けるよう指示された方など

プログラムについて



デイ・ナイトケアでは、ソーシャルスキルトレーニングや作業療法を通して、コミュニケーション能力や社会生活能力を向上させます。また教育プログラムを通して、服薬や症状の自己管理能力の向上を図り、自立に関わる日常生活能力なども高めていきます。

パソコンを使って就労に欠かせない具体的なスキルを磨く機会を提供するほか、レクリエーション活動を通して、健康的な身体の維持・向上もめざします。

プログラム内容

  • 運動系…卓球やビリヤードなど屋内でのスポーツ、ヨガ、フィットネス
  • 創作系…塗り絵、編み物、マクラメなど
  • その他…ミーティング、コミュニケーションゲーム、散歩、映画鑑賞など

※月や季節により内容を変更することがあります。
今月のプログラム(PDFファイル)

デイ・ナイトケアが成功したケース

事例1

当時20歳くらいだった女性が就労をめざしてデイ・ナイトケアを利用されました。彼女は10年以上にわたり家に引きこもり、精神的にもうつに近い状態で、人とうまく話せませんでした。しかし、デイ・ナイトケアの利用を続ける中で集団の中で自分ができることが徐々に見えてきました。2年間、当院に通い、目的だった就職をすることもできました。

事例2

不登校で家に引きこもっていた男の子がいました。彼は統合失調症も抱えていました。気分の浮き沈みが激しく、非行に走ったこともありましたが、外来での治療がうまくいき、徐々に状態が落ち着いてきました。そのタイミングでデイ・ナイトケアに移行して継続的に治療を続けた結果、高校にも通えるようになったのです。今では別人のようになり、礼儀正しい青年に育ちました。

事例3

ある男性は仕事のストレスで自信をなくし、うつ状態になって休職をされました。休職中、何もすることがなく、日中、仕事のことを考えると気持ちが焦るばかりで、ますます気分が塞ぐようになりました。デイナイトケアを活用することで、仕事に行っている時と同じ時間帯にプログラムに参加し、他の利用者さんとのコミュニケーションをもつことで一人で考え悩むことはなくなり、前向きな考えができるようになり、短期間のうちに職場復帰を果たすことができました。

クリニックブログ
お電話にてご予約ください TEL:03-5840-5677